あぷけん!

アプリユーザーと開発者をつなぐメディア

iPhoneで便利な内蔵辞書が手軽に使えるアプリ「検索タブ feat.内蔵辞書検索」【iOS】

iPhoneで便利な内蔵辞書が手軽に使えるアプリ「検索タブ feat.内蔵辞書検索」【iOS】

こんにちは、あぷけんです。

意味がわからない英単語や専門用語などを毎回検索エンジンなどから調べたりはしていませんか?
検索エンジンを使えば比較的手軽には調べられるものの、検索結果をその都度介しながら意味を調べるのは少し面倒ですよね。
iOSには元からインターネットに接続していなくても使える内蔵辞書というものがあり、国語辞典から和英・英和辞書まで様々なものが最初から備わっています。

しかし、この内蔵辞書には専用のアプリがなく使用するには調べたいテキストを選択した上で「調べる」をタップしなくてはいけません。

もっと手軽に内臓辞書が使えないかと探していたら簡単に辞書検索が使えるアプリを見つけたので紹介したいと思います。

「検索タブ feat.内蔵辞書検索」の主な機能

Web検索

このアプリにはいくつかの機能が備わっていますが、まずは手軽にGoogleなどで検索が可能なWeb検索。
画面にはこれまでの検索履歴がデフォルトだと10件まで保存・表示されています。何度も調べる内容などはここに残ってくれると便利ですよね。

search-tab-introduction-0search-tab-introduction-1

画面下の検索窓からキーワードを入力して検索すると、内蔵ブラウザが立ち上がります。
試しにあぷけんを検索してトップページを表示させてみます。

search-tab-introduction-2

内蔵ブラウザについては、戻る・進む・リロード・共有などのブラウザとしての必要最低限の機能は備わっているので、Web検索の流れでそのままネットサーフィンとかも特に問題なく行えると思います。

またデフォルトではGoogleを使って検索を行いますが、設定画面でプリセットから選ぶかURLスキームを指定することで以後そのエンジンで検索を行うことも可能です。

search-tab-change-engine0search-tab-change-engine1

正直、Safariなどのブラウザに特化したアプリを使えばいい話なので、わざわざこのアプリからWeb検索を使う機会はあまりないと思います。

内蔵辞書

内蔵辞書では、Web検索と同じ要領で画面下の検索窓のワードを入力すると、iOSに元からインストールされている辞書を使って、単語の意味を調べることができます。

search-tab-introduction-3search-tab-introduction-4

また、ここを通じて新しい辞書を追加・管理することもでき、計28種類の各言語の辞書が追加でダウンロードできるようになっています。
ちなみにデフォルトではApple用語辞典、アメリカ英語、日本語、英和・和英辞書がインストールされています。
特別、他の言語を勉強していたりでなければこのままで十分だと思います。

search-tab-introduction-5

当然、辞書はローカルにインストールされているのでネット環境がなくても、追加で辞書をダウンロードしたりを除けば、辞書検索そのものは問題なく行うことができます。検索の表示も非常に素早く、普段使いに良さそうですね。

辞書の検索結果の画面右下には「Webを検索」というボタンがありますが、タップしてもSafariでそのキーワードを検索してくれるだけで、元からその機能は備わっていることもあり、特に意味はなさそうです。

Wikipedia検索

Wikipedia検索ではキーワードを入力することで、そのワードのWikipediaページを直で表示してくれますが、Wikipedia内で記事が見つからない場合はWikipediaの検索結果が表示されるみたいです。

search-tab-introduction-6search-tab-introduction-7search-tab-wiki-result

自分で好きなタブが追加できる

基本的な機能は以上の3つですが、実は設定画面から好きなだけタブ(機能)を追加することも。

search-tab-introduction-9search-tab-introduction-8

設定画面下の「+」ボタンからアイコン、タブ名、検索エンジン、ブラウザ、履歴表示の有無を指定してタブを新規作成することができます。
検索エンジンはWeb検索と同じようにプリセットから選ぶことができます。

search-tab-select

総評

使いやすいと思った点

まず、内臓辞書検索はいろいろな場面で重宝しそうです。
分からない単語があった時などに、パパッと意味を調べることができるので便利だと思います。

そして自分で新規追加できるタブに関しては、検索エンジンとしてWeblio対義語辞典やTweetbot3検索などもあるので、自分がいくつか追加して使いやすくするのも、非常に良いと思います。
また、検索履歴の表示も過去の履歴からタップするだけでもう一度検索できるので忘れてしまった単語をタップだけで素早く思い出せます。

少し不便だと感じた点

唯一使いづらいと思ったのはUIの全体的な操作性。タブを切り替えるごとに、キーボードが下から出てくるのは便利なようで、うざいと感じることもしばしば。
また、iPadだと画面の広さを活かせておらず、すべてのパーツが必要以上に大きいのであまり快適とは言えません。
設定画面が2通りあるのも混乱につながりますし、まだまだよくなりそうな気がします。

まとめ

「検索タブ feat.内蔵辞書検索」は普段のブラウジングや検索に使うというよりかは内蔵辞書や対義語辞典などを自分の用途に合わせて追加してそれを主に使うといった使い方が一番良さそうです。英語の勉強中などはこの内蔵辞書が特に重宝しそうです。ただ、辞書だけではなく様々な検索も行えるのでiPhoneには是非入れておきたいアプリだと思いました。

総合評価
デザイン
使いやすさ
機能性
実用度

それではまた次回。

4.0 rating

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top