あぷけん!

アプリユーザーと開発者をつなぐメディア

iPhoneが充電できない?そんな時の原因と対処法8つ!修理、バッテリー交換の手順も解説

iPhoneが充電できない?そんな時の原因と対処法8つ!修理、バッテリー交換の手順も解説

こんにちは、あぷけんです。

iPhoneにケーブルをいつも通りに差し込んでも、何も起きない。こんなとと、経験したことはありませんか?接触不良かな?と思って何度か挿しなおしてみたり、USBボート側でもう一度外して差し込んでみることでたいていの場合は直ったりするのですが、それでもなぜか充電ができない。これまでは普通にできていたことが突然できなくなると困ってしまいますよね。

故障やバッテリーの寿命などを疑ってしまいますが、今回はそれを疑う前にできる8つの対処法や原因をご紹介したいと思います。

iPhone7で充電ができたいという方はこちらもチェックしてみてください。

iPhone7が充電されない?充電できない時に試したい5つの対処法

スポンサーリンク

iPhoneが充電できないときに解決するかもしれない対処8つ

対処法その1:USBを差しているPCを再起動する

まず、充電する際にPC/MacのUSBポートから給電しているのであれば一度そのPC/Macを再起動してみましょう。パソコンから給電している場合に限りますが、これをすることで充電できない問題が意外とあっさり解決してしまうかもしれません。

対処法その2:iPhoneを再起動する

iPhoneの一時的な不具合が発生していたりする事もあるので充電できないiPhoneを再起動してみましょう。このような一時的な問題はほとんどの場合で再起動により解決します。

対処法その3:MFi認証ケーブルもしくは純正ケーブルを使っているか確認する

充電の際に明らかに安い格安充電ケーブルを使用している際はMFi認証を受けたサードパーティ製ケーブルかAppleの純正ケーブルを使って充電できないか試してみてください。周りにそういったケーブルがないのであれば、知人や家族などからそういったLightningケーブルを貸してもらってもいいでしょう。

認証を受けていないケーブルはこういった問題だけでなく、iPhone本体をも壊しかねないので、どちらにせよ使用はお勧めできません。多少値段は貼ってしまいますが、きちんとMFi認証を受けたケーブルか純正のケーブルを日常的に使うようにしましょう。もしこのようなケーブルを使ってiPhoneが壊れてしまったら元も子もありませんからね。ここは多少値段は張っても認証品を使いましょう!

対処法その4:パソコンのUSBではなくコンセント経由で充電してみる

パソコンのUSBはコンセントと比べて当然電圧が低くなっています。いつもそれで充電できているならともかく、外出先のPCなどのUSBから給電しようとしている際は必ずコンセント経由で充電してみましょう。また、電圧が低いと当然充電も遅くなるので、充電できるできないにかかわらず、可能であれば常にコンセントから充電するのを心がけましょう。

対処法その5:端子、コネクタの汚れを取ってみる

端子・コネクタにホコリなどが付いている場合は取り除いてください。タオルなどで拭いても良いですが、可能であれば綿棒などで拭き取れると良いでしょう。

対処法その6:電源タップを使っている際は直接コンセントから充電してみる

電源タップから充電している時は電源タップそのものの問題かもしれません。一度電源タップではなく直接空いたコンセントにACアダプタを差し込み、そこからUSBで充電してみます。これでも解決しないのであれば、いよいよ本体側に問題がある可能性が高い、ということになります。

対処法その7:バッテリーの状態を確認してみる

バッテリーは放充電を繰り返すごとに少しづつ100%充電した時の実質的な容量が減っていきます。Appleの公式ページでは、iPhoneのバッテリーはどんなに劣化しても全体容量の80%以上を保つように作られていますが、もし80%を下回るのであれば、バッテリーの無償交換が可能です。あなたのiPhoneのバッテリーの実質的な容量を調べる方法は、こちらの記事の途中で解説しています。参考にしてみてください。

対処法その8:故障・バッテリー寿命を疑う

最後の最後まで解決しない時はおそらく端末やバッテリーに問題があると思われます。バッテリー寿命の場合、先ほど解説した通り無償交換が可能ですが、本体の問題の場合は、修理費が必要になるかもしれません。次のステップでは、端末の故障が考えられるときに、具体的にどのステップを踏めば良いのか、解説しています。

交換・修理の必要性は?手順を解説

近くにApple StoreがあればそこへiPhoneを持ち込んむ事で簡単にサポートを受けることができますが、もし近くにない場合はこちらからAppleの公式サポートへ移動し、電話でのサポートを受けた上で必要であれば修理に出すのが良いでしょう。

もしiPhoneが昔の世代のものの場合は思い切って最新のiPhoneに買い換えるのも手です。タイミングによっては新型が発表される直前に買ってしまうこともあるので、Apple DaysというサイトでiPhoneの新型発表周期を確認しましょう。

まとめ

いかがでしたか?iPhoneは充電されるようになりましたか?
充電の問題に限らず、iPhoneで何か問題が起きた起きは故障を疑う前に、このような対処法を探して対処するのが一番です。

参考になれば幸いです。

また次回!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top