あぷけん!

アプリユーザーと開発者をつなぐメディア

iPhoneがフリーズした時の対処法とは?フリーズが多い原因を解説!これさえすれば治る

iPhoneがフリーズした時の対処法とは?フリーズが多い原因を解説!これさえすれば治る

こんにちは、あぷけんです。

「iPhoneがなぜか突如フリーズして操作を受け付けなくなった・・」急いでいたり早急にiPhoneを使わなければいけない時にこんな時が起きたら、ちょっとイラっときてしまいますよね。特に急いでいなくても、やはり日常的に使っているiPhoneがピタッと止まってしまうのは当然いい気はしませんよね。

iPhoneで起こりうるフリーズにはいくつか種類がありますが、今回はほとんどの場合で効果のあるiPHoneがフリーズした時の対処法や原因を解説していきたいと思います。

iPhoneがフリーズしてしまった!そんな時にできる対処法

iPhoneがフリーズするのには幾つが種類があるとお伝えしました。主にアプリがフリーズするパターンとiPhone自体が操作を受け付けないパターンです。両方とも、フリーズするという点では同じですが、原因や対処法は根本的に異なります。一つ一つその原因と適切な対処法を見ていきましょう。

アプリの起動時にフリーズしてしまった時の対処法

他の操作は問題なくできるのに、iPhoneであるアプリを起動したっきりそのアプリが一切の動作を見せなくなった時、ほとんどの場合で原因はアプリのバグや不具合になります。なんらかの原因で起動中に裏でクラッシュしたまま画面だけがフリーズしてしまった可能性が考えられます。そんな時はアプリを再起動させ、もう一度起動を試してみるのが良いでしょう。

まず、ホームボタンを素早く2回押し、タスクマネージャーを表示させます。フリーズしたまま動かないアプリの画面を指一本で上に向かってスワイプすると、そのアプリが画面から消え、終了されます。

その後、問題のアプリをもう一度立ち上げ、フリーズせずに使えるようになれば解決ですね。もしこれでもフリーズする際は念のためアプリを一度削除し、もう一度App Storeからダウンロード、それでもダメであればバグの可能性が高いため、アプリの開発者に連絡しましょう。

iPhone自体が応答しなくなった時の対処法

iPhoneそのものが何をしても反応しないとき(特にロック画面を解除した直後など)はiPhoneが何らかの不具合で操作を受け付けていません。ホームボタンすらも反応しない時にできることは強制再起動ただ一つです。電源ボタンとホームボタンを少なくとも10秒間、Appleのロゴが表示されるまで長押しすることで強制再起動可能です。一つ注意しなくてはいけないのが、iPhone7/7 Plusでは強制再起動の際にホームボタンではなく代わりに音量を下げるボタンを使うということ。詳しくは以下の記事で解説しています。従来の強制再起動の方法だけでなく、その必要性、iPhone7での方法なんかも解説しています。

iPhone7では強制再起動ができない?ホームボタンを使わずに強制再起動をする方法

強制再起動すらできない時の対処法

どんな操作も聞かない際の最終手段として試して欲しいのがフリーズしてしまったiPhoneに電話をかけること。画面もフリーズして一切に操作を受け付けなくなった中、最低限動作していることを確認するために問題のiPhoneに電話をかけてみてください。他人の協力が必要ですが、自分一人でも複数の携帯を持っていたり、または公衆電話などかけることも一応可能です。

もしこれで着信音が鳴るのであれば、iPhoneを工場出荷時の状態に初期化することで治る可能性があります。データなどは全て消えてしまいますが、直近でバックアップを取ったという方はそのバックアップから復元を行いましょう。
着信音が鳴らなければ一度端末のバッテリーが無くなるまで放置してみましょう。バッテリーの残量が0になって電源が落ちるまでひたすら待ちます。直前にフル充電されていたりする際はとてつもなく長い時間がかかってしまうので要注意です。電源が落ちたら、後は普通に電源をつけて起動するか試してみます。

上記を試してもフリーズが解決しない時はこちらからAppleに直接相談し、必要であれば修理・交換しましょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top