あぷけん!

アプリユーザーと開発者をつなぐメディア

【続】iPhone7の充電できない時(されない時)や長い時にすること3つ。初期不良か!?

こんにちは、あぷけんです。

ある日突然iPhone7が充電できなくなった時、特に残りの電池残量が少ない時やケーブルを挿し直したりしても治らない時などは流石に焦ってしまいますよね。初期不良などを疑う前に是非前回書いたiPhone7のバッテリーがなぜか充電されない時にするべきこと8つを試してみてください。

少し前にiPhone7のバッテリーがなぜか充電されない時にするべきこと5つとして記事を出しましたが、それでもiPhone7がどうしても充電できない時にできる最終手段を今回は紹介したいと思います。

スポンサーリンク

iPhone7の充電ができない時、初期不良を疑う前にできること3つ

前回のiPhone7が充電されない?充電できない時に試したい5つの対処法をまだ読んでいないという方は是非先にそちらを試して見てください。

ここで紹介する方法はそれでも解決しないという場合に試して見てください。

iPhone7を充電しているPCを再起動してみる

もし、iPhone7をPCのUSBポートから充電している場合は、そのUSBケーブルをつないでいるPCを再起動してみましょう。また、可能であればiPHone7の充電の際はこのようなPCのUSBポートからの充電や外付けキーボードのUSBポートからの充電を避け、壁のコンセントからの充電やモバイルバッテリーなどからの充電の方が確実性が高いです。

僕がお勧めするのは家の中でも外出中でも手軽に使用できるモバイルバッテリーです。PCからの充電はポートも食う上に上記のような充電するのに必要な電圧が足りない問題なども懸念されるので容量の大き目のバッテリーから充電するようにしています。

スポンサーリンク





iPhone7をリセット(復元)してみる

iPhone7の充電ができないときは思い切ってデバイスの復元をしてみるもの手でしょう。iPhoneの復元とは、その名の通りiPhoneを工場出荷状態に戻し、アプリから設定まで全て元に戻すことです。ソフトウェア側に充電できない問題があるのであれば、これで治る場合もあります。

当然iPhoneのリセットを行うと、全ての情報が消えるので事前にバックアップを取っておく必要があります。バックアップはiCloudなどから行う方法もありますが、手軽である反面一部の情報しかバックアップされないので、リセット後もこれまでと変わらないように使いたいのであればパソコンのiTunesを通して行う方が良いでしょう。

iPhone7の初期不良を疑ってみる

前回の記事と合わせて10個の方法を試しても充電できない時は、初期不良の可能性も。本来なら近くのApple Storeなどに持ち込むのがベストなのですが、忙しくて行けないという場合は充電が切れてしまう前に無料のiOS診断でデバイスに異常がないか確認しましょう。

Apple公式のiOS診断では、主にそのデバイスのバッテリーの異常を調べることが可能で、Webからもしくは専用アプリから行うことができます。

以下の記事ではより簡単なiPhoneの公式アプリを使ったiOS診断の方法を解説しています。iOS診断に関するより詳しいことや脱獄したデバイスでの方法などもご紹介しているので、iPhone7が充電されないのはもしかして初期不良のせいかも?と思った時はぜひ参考にしてみてください。

まとめ

iPHone7が充電できない時はぜひ以上の方法を試してみてください。ただ、基本的にiPhone7が充電できない理由としては単純なものだったりすることが多いので、上記の方法を試してもうまくiPhone7が充電できないのであれば、先述のiPhoneのバッテリー異常を調べられるiOS診断を試したみたり、またはApple Storeなどに持ち込んで原因を特定したほうが早いかもしれません。

また、以下はiPhone7ではなくiPhone全般の記事になりますが、同じく充電できない時やバッテリー交換や修理の手順などを解説した記事もありますのでぜひ参考にしてみてください。
iPhoneが充電できない?そんな時の原因と対処法8つ!修理、バッテリー交換の手順も解説

こちらはiPhone7が充電されない時にできる対処法の前編になります。この記事の方法を試す前に一度この条件に当てはまっていないかチェックしてみましょう。
iPhone7が充電されない?充電できない時に試したい5つの対処法

また次回。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top