あぷけん!

アプリユーザーと開発者をつなぐメディア

iPhone7のホームボタンが効かない!反応しない原因とは?故障か?

iPhone7のホームボタンが効かない!反応しない原因とは?故障か?

こんにちは、あぷけんです。

iPhone7・7 Plusになってから、これまでの物理ホームボタンがは撤廃され、代わりにソリッドステートボタンと呼ばれる感圧式のボタンに置き換わりました。耐水仕様にする際に必要なステップだったのでしょう。この新しいソリッドステードボタンは、押し込むのではなくどちらかというと圧力を察知するボタン。公式ページでは耐久性に優れて反応が良くなっているらしいのですが、iPhone7発売からもう既にホームボタン関連でもトラブルを抱えているユーザーが出ているようです。

今回は数あるホームボタン関連のトラブルの中でもiPhone7のボタンが効かない、反応しない時の原因や対処法などをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

iPhone7のホームボタンが反応しない時に考えられる原因とは?

ホームボタンが効かなくなってしまった原因としては、ユーザーの環境の問題か、端末の故障が考えられます。

ユーザーの環境の問題

両手が濡れていたり、清潔でなかったり、ケースや保護フィルムなどを装着した状態だと稀に認識しなくなることがあります。手を乾かしたり、ケース・フィルムを外してもう一度やってみましょう。また、iPhone7のソリッドステートボタンはディスプレイと同じ静電容量式センサー技術を使用しているため、スマホ対応でない手袋などを使っていると同じく反応しません。

ソフトウェア側のちょっとした不具合かもしれません。一度端末を再起動させたり、iOSをアップデートすることでも解決が見込めます。

端末の故障

Appleは自身の公式サイトで耐久性が向上したと唄うソリッドステートボタンですが、やはりネット上では早速壊れてしまったり動作が不安定になってしまったという声が出ています。実例の一つをご紹介します。
Appleの公式コミュニティに投稿されたとあるスレによると、そのユーザーはiPhone7を使っている最中に突然ホームボタンが機能しなくなり、この問題が発生すると音量ボタンや電源ボタンすらも操作を受け付けなくなるそう。とにかく何もせず待つことでこの問題は治るそうだが、これまで過去に数回この問題が発生したとのこと。

ホームボタンが効かない時に試せることとは

ではいざiPhone7のホームボタンが効かなくなった時にできるとこととは一体なんなのでしょうか。iPhone7自体に問題があるので、根本的な解決を自分一人ですることはできませんが、効果が期待できる対処法として強制再起動があります

強制再起動を試みる

これまで、端末の強制再起動はホームボタンと電源ボタンを10秒間長押しすることでできましたが、iPhone7からは、強制再起動の方法がホームボタンを使わないものへと変更されています。とはいえ、物理ボタンを使用するので方法はいたって単純。

iPhone7での強制再起動は、”電源ボタン+音量下げるボタン”を少なくとも10秒間、Appleのロゴが表示されるまで長押しすることで可能です。下記がその参考動画になります。

仮のホームボタンが表示される?

iPhone7では、ホームボタンが無反応になったのを感知すると仮のソフトウェアボタンが追加されるようです。どうやらAppleがiPhone7のボタンが反応しなくなってしまった時のために仕込んだものだと思われます。

このように、iPhone7がホームボタンの無反応を感知すると「ホームボタンは修理が必要です。その間画面下のボタンが使えます」といった趣旨のメッセージとともに、画面下に仮のホームボタンが表示されます。もちろんこのボタンは実際のホームボタンと同じ挙動なので、修理に出すまでの間のつなぎとなってくれます。

iphone-e1476534924745

しかしiPhone7がホームボタンの異常を感知してくれるのは稀なのであまり期待はできませんね。

まとめ

基本的にこのホームボタンが動作しない不具合は時間経過で治ることがほとんどのようですが、根本的な解決のためにはやはりAppleStoreなどに持ち込んで修理してもらうのが一番でしょう。ハードウェアではなく、ソフトウェアに問題がある可能性もあるのでもしかすると今後のOSのアップデートで改善されるかもしれません。

同じくiPhone7のホームボタンでお悩みの方は是非参考にしてみてください。

また次回。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top